令和2年度の記事

1学期の記事:4月22日 5月28日 6月18日 6月18日 7月3日 7月22日
2学期の記事:8月6日 8月28日 9月2日 9月24日 10月7日 10月21日 
       11月11日 11月25日 12月2日 12月17日
3学期の記事:1月13日  1月28日  2月8日  2月24日  3月3日  3月17日
2020年 3月17日更新
3月4日 4年生 福祉体験学習
       〜ブラインドウオークを体験しました〜
 4日(木)・5日(金)に、総合的な学習の一環として子ども達がブラインドウオークを体験しました。
 例年ですと、社会福祉協議会の支援を受け、講師を招いて高齢者体験などを実施していましたが、コロナウイルス感染症予防対策のため、講師の方をお願いせずに実施しました。
 子ども達の感想では、「最初は、すごくこわかったけど、いろいろアドバイスをしてくれたので少し楽になりました。階段以外に段が全然無かったのでよかったです。」などと、体験したことで分かったことも多かったようです。
 4年生もいよいよ高学年になります。さらに身の回りのことに関心を広げてほしいと思います。
 
3月上旬 桜木中より「新入生へのメッセージ」が届きました
       〜新2年生から新1年生へ〜
 コロナウイルス感染症予防対策のため、例年行われていた中学生の職場体験学習や入学説明会での学校見学が中止となりました。
 直接、中学生から学校の話を聞く機会が無くなってしまい残念だと思っていたところ、中学校より、国語の授業の一環で、手紙を書く学習を利用して、「新2年生から新1年生へ」と題して、一人一人が書いたメッセージ(模造紙5枚分)が届き、廊下に掲示しました。
 内容は、「学習・勉強」「部活動」「友達」など、テーマごとに一人一人の思いが詰まった内容のものでした。「先輩や先生は怖くないよ」「大きな声であいさつをしてください」「分からない時は、勇気を出して聞けば、勇気は自分を変えるきっかけになる」など、心温かい言葉がたくさん書かれていました。また、他校に進学した先輩からもメッセージをいただきました。
 6年生は、真剣に読んでいました。コロナ禍でできないことが多い中ですが、できることを「考えて、やってみる、分かち合う」ことは素晴らしいことであると感じました。
 中学校の先輩方、ありがとうございました。これからも後輩達をよろしくお願いします。
 
3月10日 4年 尾瀬教室を実施しました
 3月10日(水)に、尾瀬保護財団の講師の方が2名来校して、尾瀬教室を開催しました。
 スライドを使い、「尾瀬の気象・動植物・湿原の特徴・傷ついた自然を取り戻すことの苦労、難しさ・自然保護の取組」を、2時間かけて丁寧に説明してもらいました。動物好きの4年生は、オコジョやヤマネの説明の際には、とても興味を示していました。
 質問タイムでは、時間が足りないほどたくさんの質問が子ども達から出されていました。
 確認してみると、尾瀬を訪れたことがある子ども達は、まだいませんでした。
 「夏が来れば、思い出す・・・」と歌詞にあるように、今回の学習をきっかけに、ぜひ、いつか家族で出かけてみるのはどうでしょうか。
 講師の方々、ありがとうございました。
 
3月11・12日 分散朝会(4・5・6年/1・2・3年)
       上・下学年で集まる、今年度最後の会でした
 全校で一緒に集まることができないので、3月11日(木)と12日(金)の朝活動で、上学年・下学年と日にちを分けて、体育館に集まり校長先生の話を聞きました。
 上学年の会では、コロナ禍で制限が多い中でも、6年生を中心に、「考えよう・やってみよう・わかちあおう」を合い言葉に頑張った子ども達に感謝の気持ちと今後の成長への激励が話されました。「できないことがあっても、自分の力を信じ、がんばる自分に自信をもとう」「残り10日間を大切に過ごそう」「今もこれからも、考え、やってみて、わかちあって、可能性を広げて進化しよう」などのメッセージを大切にしてほしいと思います。
 また、翌日の12日の下学年の会でも、校長先生が30年前に時刻表をもって外国を一人旅をした体験の話を混ぜながら「考えよう・やってみよう・わかちあおう」を実践することの大切さを伝えました。子ども達が話を聞く態度はとても立派で、改めて子ども達の成長を感じました。
 今年度は、全校で体育館に集まる機会はありませんでしたが、校庭では運動会を始め、たてわり活動が実施できました。
 早く全校で活動できる日が来ることを願っています。
 
3月11・12日 3年生「桐生市のお気に入りを見つけよう」発表会
       〜体育館にて、パネルディスカッション形式で〜
 3学期になり、総合的な学習の時間では、「桐生のお気に入りをつたえよう」というテーマで、桐生の施設や場所について調べました。
 社会「桐生市のうつりかわり」の学習ともリンクしていて、社会の授業で取り上げた施設や場所の中から自分が調べたい場所を選び、グループで調べ学習を行い、それを模造紙にまとめました。
 そして、11日(木)・12日(金)に、ポスターセッション(今回は調べたことを模造紙1枚にまとめ、発表を聞いている数名に対して発表し、発表後、簡単な質疑応答を行いました)の形式で発表会を行いました。
 木曜日は1組が発表して2組が聞き、金曜日は2組が発表して1組が聞きました。3年生にとって、このような発表会を行うのは初めてですが、どのグループもたくさん練習して、しっかり発表できました。
 また、発表を聞いた後には、質疑応答の時間に質問や感想を伝えることができました。
 いっしょうけんめいに友達と協力して調べ、工夫してまとめて発表し、友達の発表も考えながら聞くことができた3年生はとても立派でした。
  調べた場所は「桐生天満宮」「市立図書館」「市民文化会館」「桐生が岡遊園地・動物園」「桐生川ダム」「カリビアンビーチ」「ぐんま昆虫の森」などでした。
 
3月 神明小「階段美術館」 〜作品がリニューアルしました〜
 神明小の自慢の一つに、視聴覚室前の廊下に有名な絵画が飾られた「廊下美術館」があります。そして、もう一つ、職員室前の廊下や階段の踊り場に児童の描いた作品が展示されている「階段美術館」も特色となっています。
 3月になり、今まで飾っていた作品を児童に返却して、令和2年度に教育文化作品展の学年代表になった児童の作品を飾りました。
 毎年、市民文化会館で開催される教育文化作品展で、本校児童の作品を一般の方にも鑑賞していただく機会が今回は中止となってしまいましたので、来年度、学校に授業参観などで来校された際に、ぜひご鑑賞ください。
 作品題は
  1年「にじいろの魚」
  2年「ふるやのもり」
  3年「ハーメルの笛吹き男」
  4年「ごんぎつね」
  5年「大造じいさんとがん」
  6年「やまなし」         です。
 どの作品もとてもすてきで、校内を歩くときの楽しみがまた一つ増えました。
 
3月 6年 家庭で調理実習に挑戦しました
       〜家庭の味付けをプラスして〜
 6年生の家庭科では、学校での調理実習が感染症予防対策のためできなかったので、家庭で実践しました。
 3学期まで待って、コロナウイルス感染症が収束して、みんなでできることを期待していたのですが残念です。
 子ども達は、完成した料理の写真を貼り、保護者のコメント入りでレシピ風にワークシートにまとめました。
 教科書では、3色野菜(ピーマン・にんじん・キャベツ)を材料にして塩とコショウで味付けすることになっていますが、家庭の味付け、独自の材料も含めて調理にチャレンジしました。保護者のコメントには、頑張ってつくった様子が書かれていて、微笑ましかったです。
 ご家庭でのご協力、ありがとうございました。
 6年生もいよいよ卒業し中学生になります。家庭の一員として、食事の準備なども担う人が増えてくるでしょう。
 ぜひ、今回の経験をいかしてほしいです。
 
3月 5年生「この本おすすめします」コーナーができました
 5年生の国語で「相手や目的を明確にして、推薦文を書こう」をねらいとして取り組んだ、自分のお薦めの本について紹介するシートが図書室前廊下に掲示されています。
 「卓球がもっと好きになる」「小説が苦手な子も好きになる本」などとタイトルを書き、本の内容・イラスト・おすすめのポイントなどが詳しく書かれています。担任の先生も一生懸命に取り組む子ども達の姿に感心していました。
 図書館管理補助員の先生に、紹介された本を棚の上に並べていただきました。
 普段本を読まない人も、この学習をきっかけに読書に親しんでほしいです。
 
後輩へメッセージ
 卒業を控えた6年生の委員会の委員長・クラブ長が、後輩にメッセージを書いてくれました。それを校長室前のボードに掲示しました。特に5年生へ向けて、リーダーの心構えが書かれていました。
 4年生以上は学校全体を動かす委員会やクラブがあり、異学年交流があります。先輩方が築いた伝統を、さらに高めてほしいです。
 
3月16日 
  在校生から「卒業おめでとうメッセージ」が掲示されました
 6年生の廊下に、在校生が書いた卒業をお祝いするメッセージが掲示されました。
 卒業式に参列できない中、6年生への感謝の気持ちを伝えるために、それぞれの学年で子ども達がアイデアを出し合い、心温まる作品が完成しました。さすが、神明小の皆さんです。
 卒業式当日は、体育館に掲示して保護者の方にも見ていただきたいと思います。
 これも、新たな神明小の伝統になると良いですね。
 
3月16日 今年度最後の「にこにこタイム」
 〜「バースデーチェーン」「よいところさがし・ありがとうさがし」〜
 3月16日(火)の朝活動で、今年度最後の「にこにこタイム」を行いました。
 友達と協力して楽しく活動したり、友達のよいところを探し、伝え合う活動を通して、自分もみんなも大切にしたり、自己理解を深めたりすることをねらいとして実施しました。
 3年生の教室では、言葉を話さずに、指の合図や机の上に指で数字を書く動作で、自分の誕生日を伝えていました。みんなの誕生日を確認して、パーフェクトだったと喜んでいる姿が微笑ましかったです。また、配られた紙に、バースデーチェーンで隣だった友達のよいところを書いていました。
 1年間、同じ教室で過ごした仲間と一緒の生活もあと少しです。良い思い出として、また、次の学年でもやってみてください。早く友達になれるでしょう。
 

 3月3日掲載分
2月25日 第2回 学校評議員会議
     〜授業参観・施設見学もしていただきました〜
 25日(木)に、第2回学校評議員会を行いました。
 授業参観や図書室などの施設を見ていただいた後、本校の今年度の教育活動全般について、保護者の方からいただいた学校評価の結果を見ながら話し合いました。リニューアルした図書室を見て、とても明るくなった、教室とは違う、子ども達がくつろげる場所になったなどと感想をいただいたり、授業で学習する姿や4年生の卒業を祝う会の練習風景などを見ていただいたりしました。
 お忙しい中、神明小学校をよりよくするために御意見をいただきありがとうございました。
 評議員さんや地域の方々にはこれからも大変お世話になります。どうぞよろしくお願いします。
 
2月26日 「卒業を祝う会」を行いました
 〜6年生への感謝の思い、6年生から在校生へのメッセージ、
      神明小全員の心が通い合うあたたかい会でした〜
 2月26日(金)に「卒業を祝う会」を体育館で行いました。
 コロナウイルス感染症予防対策のため、1〜4年生については入れ替え制て発表しました。各学年とも意匠を凝らして6年生への卒業への祝意と感謝の気持ちが伝わる会になりました。
 事前の準備や当日の進行など5年生はとても頑張っていました。例年のように全校で一同に会して卒業を祝うことはできませんでしたが、卒業する6年生には気持ちが伝わったと思います。
 各学年の思いがよく伝えられるよう、とても工夫された内容でした。また、6年生からはそれぞれの学年に向けたメッセージが発表されました。
 制約が多い中ですが、6年生のために一生懸命がんばる在校生、下級生に思いを伝えようとがんばる6年生、みんなが力を合わせ、頑張って取り組んでいる神明小の子ども達を立派である、と改めて感じました。
 6年生が「神明小のほこりを大切にしてください。」とメッセージで伝えてくれましたが、困難な中でも自分たちで考え行動する姿が各学年で見られ、この姿が、「神明のほこり」・伝統になっていくと感じた会でした。
 また、先生達の発表(録画した劇)は、全員の先生に集まってもらうために放課後に体育館で行いました。
 他の学年の発表が見られなかった1〜4年生は、録画した映像で楽しんでもらいます。
 みんなの素直な心、優しい心、がんばる心のあふれる、神明小らしいとてもあたたかい会になりました。
 
3月 「通学路・愛称プロジェクト」
    〜毎日歩く通学路の3つの愛称が決定しました〜
 3月1日付けの桜木公民館だより「みんなのさくらぎ」に紹介されている、12区・自治会・神明小の「通学路・愛称プロジェクトチーム」が募集した3つの通学路の愛称が決定しました。
 コロナ禍の中、毎日通う通学路に良い思い出を残してもらおうと5・6年生から愛称を募集しました。その結果、
  1.『あいさつ元気通り』
        <ミツバ〜桜木中〜国産織物〜岡の上入り口>
  2.『しんめちゃん通り』
        <絵夢パレット〜東武高架下〜神明小南〜比呂佐和神社>
  3.『ふじみロード』
        <新桐生駅入り口〜富士見公園・富士見橋〜神明小北門>
と決定しました。
 たくさんの児童が様々な名前を考え、応募してくれました。入賞した児童の皆さん、おめでとうございます。
 これから、愛称が地域の方々に永く親しまれることを願っています。すでに、名前の付いたプレートが通学路に貼られています。
 地域の皆さんにもこのような企画を子ども達のために考えていただき、ありがとうございました。
 
 
3月1日
 「桐生市制施行100周年記念献立」メニューをいただきました
 3月1日の給食は、桐生市制施行100周年記念献立でした。
 カレーひもかわ、きゅうりのごまあえ、キノピーあつやきたまごをみんなでいただきました。
 給食の様子を「日刊きりゅう」の記者さんが取材してくれました。6年生の給食委員会委員長さんがインタビューを受けました。
 記事が掲載されるのが楽しみです。
 

 2月24日掲載分
2月8日 6年 理科 プログラミングの授業を実施しました
     〜人感センサーで人が通ったら音楽を流そう!〜
 理科の授業では、身の回りには電気の性質や働きを利用した道具があること等をプログラムを通して学習します。
 ICTサポーターの先生もアドバイサーとして協力してもらい、授業を進めました。子ども達は、各自のパソコンで、センサーが人を感知する距離や時間などの条件・命令を考えプログラムを作成しました。そして、マイクロビットを活用して実際に動かしてみました。
 どのような手順で動作するのか、それを再現するには命令をどのように組み合わせればよいのか子ども達は試行錯誤していました。
 今年度から、本格的に始まったプログラミング教育です。様々な場面で、「身近な生活でコンピュータが活用されていることや、問題の解決には必要な手順があることに気付く」ことを大切にしてほしいです。
 
2月2日 4年生がパンジーを植えました 〜6年生に感謝を込めて〜
 2月8日(月)の放課後、4年生が卒業式に飾るパンジーをプランターに植えました。
 今年度、3・4年生は卒業式に参加できない分、自分たちで育てたパンジーでお祝いすることで6年生への感謝の気持ちを育てることにしました。まずは4年生が植えました。
 事前に、用務員さんにも協力してもらい当日を迎えました。準備したパンジーをプランターに植え替える作業は簡単そうに見えても、実際には難しそうでした。
 これから水の管理等も協力して頑張ってください。
 
2月9日 たてわり活動で、メダル作りをしました
 2月9日(火)の朝活動で、1〜5年生が集まり、6年生に贈るメダル作りを行いました。
 26日(金)に実施する卒業を祝う会の際に、6年生が首に下げて登場するためのメダルの作成を、5年生が中心となり取り組みました。5年生は、教室で下級生に指示を出すのが初めてであり緊張しながら説明をしている姿に微笑ましく感じました。
 異学年の交流がそれぞれの学年にとって貴重な経験になっていることを改めて知る機会となりました。
 
2月12日 あいさつひろめ隊の活動がありました
     〜12区の民生委員さんも一緒に参加しました〜
 2月12日(金)は、「あいさつひろめ隊」の活動日でした。
 今回は、児童会本部と各委員会副委員長が参加して行われました。そして、さらに12区の民生委員さんも参加いただき、正門、児童玄関前、北門に立って活動をしました。マスク越しですが、「おはようございます」という明るい声が響いていました。
 今回は、桐生タイムスの取材も受けました。
 今年度は、制限がある中ですが、密に気をつけて実施しています。心と心の通う「おこめあいさつ」(お:大きな声で、こ:心を込めて、め:目を見て)をこれからも継続してほしいです。
 児童会の皆さん、民生委員の皆さん、ありがとうございました。
 
2月 にこにこタイムを実施しました
     〜『言葉探しゲーム』をしました〜
 2月12日(金)の朝活動は、にこにこタイムで「言葉探しゲーム」というエクササイズを行いました。
 今回は、友達と協力して楽しく活動するのがねらいです。3〜4人のグループに分かれて、出されたお題について、合う言葉を一人一人が順番に発表し、紙に書いてその数を競いました。
 低学年は、「野菜や果物の名前など」中学年は「カタカナのつく言葉、木へんの漢字など」高学年は「言へんの漢字や都道府県名・中学と言えば?・二画の漢字など」がお題に出され、2分間で考えました。
 仲間と一緒に考えて取り組む活動の姿は、勝ち負けに関係なく楽しそうでした。
 同じクラスで過ごすのも1ヶ月余りです。楽しい思い出をつくってほしいです。
 
2月16日 たてわり活動で、6年生にメダルを渡しました
 2月16日(火)の朝活動で、先日1〜5年生で作ったメダルを6年生に贈る会が開かれました。
 5年生が中心となり、一言お礼を言いながらメダルを渡しました。6年生もうれしそうに感謝の言葉を述べていました。
 卒業まであと1ヶ月あまりです。会を進行する5年生からは、「後半はアドリブで進めた」など緊張しながらも、度胸をつけていると感じました。
 2月後半の「卒業を祝う会」でも、6年生に感謝の気持ちが伝わるとよいですね。
 
2月17日 5年生 親子行事:情報モラル教室を開催しました
 2月17日(水)の5年生の授業参観では、NPO法人ぐんま子どもセーフティーネット活動委員会の講師の方を迎えて、「ネットを安全に楽しく使うために」という演題で情報モラル教室を開催しました。
 子ども達を取り巻く環境を踏まえて、「スマホやゲームを使うな」ということではなく、「正しく楽しく使うためにどのようにしたらよいか」を、具体的に例をあげて話していただきました。自分で朝起きられる人になることが、まずは自分をコントロールできることになるという話題提供がありました。スマホ・携帯やSNSなどを「賢く道具として活用することが大切である」という話が印象に残りました。
 それぞれのご家庭ではどのような会話がなされましたか。
 翌日の子ども達の振り返りには、家庭で話をしたこと、自分で朝、目覚ましをかけて起きられたことなど、早速講師の先生の話を実践したことがわかりました。
 寒い体育館での開催でしたが、とてもよい学習になったと思います。講師の方、ご参会の保護者の皆様ありがとうございました。
 
2月18・19日 児童集会(豆まき集会)が行われました
 2月18日(木)は、1・2・3年生、19日(金)は、4・5・6年生が、体育館で、豆まき集会を行いました。学級委員の皆さんが中心となって会を進行しました。
 3人の「ネガティブ鬼」「イライラ鬼」「手洗わない鬼」が登場して、場を和ませました。「豆まきの劇とクイズ」では、「鬼が嫌いな魚は?」「節分の時に玄関に飾るものは門松である○か×か?」などを出題し、場を盛り上げました。最後に、「心の鬼を追い出そう(自分の心の中にいる追い出したい鬼をあらかじめ紙に書いておき、小さく丸めた豆に見立ててステージに3人の鬼に投げる)」を行いました。
 感染症対策のため、「鬼は外」のかけ声は、心の中で言っていました。子ども達に、追い出したい鬼を聞いてみると「兄弟げんか鬼」「びびり鬼」「怒り鬼」「泣き虫鬼」などの鬼を教えてくれました。
 今の自分を振り返り、目標を再認識する豆まき集会は、とても大切な行事であります。時期が少しずれましたが、開催できてよかったです。
 学級委員の皆さん、事前の打ち合わせ・企画・準備から豆の掃除・後片付けまで本当にお疲れ様でした。
 ありがとうございました。
 

 2月8日掲載分
1月29日 3年 万引き防止教室
     〜絶対ダメ、断る勇気をもちましょう!〜
 1月29日(金)に、3年生は桐生警察署のスクールサポーターの先生をお招きして、万引き防止教室を行いました。
 欲しい本があるけれどお財布を忘れてしまった太郎君が、防犯カメラも設置されていないから万引きしようと次郎君を誘う劇をもとに、みんなで考えました。
 万引きが見つかったあとはどうなるのか、本人や家族、お店の人のつらさ、悲しみなども想像しました。
 最後に、「万引きを誘われた時は、次郎君は何と言えばよかったか」をワークシートに書いて、代表者が前で実際の演技をしました。
 「万引きは犯罪」「人のものをとることは窃盗罪」であることも、最後のまとめで教えていただきました。
 今回の学習はとても大切なものになりました。
 ご家庭では、どんな話がなされたでしょうか。
 
2月2日 不審者対応避難訓練  自分の命は自分で守る
 2月2日(火)の2校時(1〜3年)、3校時(4〜6年)に、2回に分けて不審者対応の避難訓練を実施しました。
 桐生警察のスクールサポーターの方が侵入する不審者役をして、教職員が不審者に対応する体験と、児童は逃げたり、放送の指示で体育館に避難したりする練習をしました。
 自分たちが教室から逃げた後、教室で先生達と不審者の間でどんなことが起こっているのかを知ってもらうために、不審者が侵入して児童が避難した後の対応を録画し、体育館でみんなで視聴しました。
 サポーターの方より静かに私語を慎み移動すること、階段に気をつけることなどをアドバイスいただきました。その後、登下校時に不審者に声を掛けられたらどうするか、児童代表2人がモデルとなり、実演しました。
 「その場に長くいない」「逃げる」「助けを求める」ことが大切であること、「絶対に知らない人の車には乗らないこと」などを教えていただきました。
 自分の命を守るために何をするか、みんなで考えることができました。
 
2月4日 オンラインで「桐生市いじめ防止こども会議」を行いました
     〜桜木中地区3校の代表がオンラインで交流しました〜
 2月4日(木)に、パソコン室において、桜木中、桜木小と本校の3校をオンラインでつなぎ、テーマを「互いに支え合う人間関係をつくるために、私たちにできること〜あと一歩踏み出す勇気を〜」として、いじめ防止子ども会議が行われました。
 コロナウイルス感染症予防のため、一同に介さず各校で、リモートで児童会・生徒会の代表が交流しました。
 最初に、各校のいじめ防止の取組を紹介しあいました。神明小からは「にこにこタイム」と「あいさつひろめ隊」の取組を中心に紹介しました。その後、3校で、一緒に取り組んでみたい活動を話し合いました。
 参加した児童からは、「たくさんのいじめ防止の案が聞けてよかったです。」、「はじめは緊張してうまく言葉が出てこなかったけど最後の方は慣れてきて少し気楽に話せてよかったです。」などの感想が寄せられました。
 今回の経験を大切に、これからも神明小のリーダーとして、活躍してください。
 ありがとうございました。
 
2月 3年生がクラブ見学をしました
  〜4年生になったら、何クラブに入るのでしょうか?〜
 3年生が、1月27日(水):科学・音楽・イラストクラブ、2月3日(水):運動・室内レク・卓球クラブ、のクラブ見学を行いました。
 どのクラブも温かい歓迎で、クラブ長からあいさつとクラブ紹介をしてもらい、3年生は各クラブでどんなことをしているのか詳しく知ることができました。
 4年生になってからクラブの希望調査があります。自分で選んだクラブで協力して楽しく活動してほしいです。
 

 1月28日掲載分
1月14日  朝の運動(なわとび)始まる
       リズムに合わせて、頑張ろう!
 1月14日(木)の朝活動は、久しぶりの朝運動の時間でした。コロナ感染症対策のため、並ぶ向きも変更し、間隔をあけて行いました。
 「なわとび運動をとおして、体力の向上を図るとともに目標に向かって主体的に取り組む態度を養うこと」をねらいとして、4回実施します。体育の授業でも学習していますが、前に出ている体育委員の実技を参考にして、低学年の子ども達も頑張っていました。
 「かけ足跳び・けんけん跳び・前振り跳び・横振り跳びなど」音楽に合わせて、2分半跳び続けます。寒い朝ですが、温かくなります。
 なわとび検定で、自己ベストの更新ができるように頑張ってほしいです。
 体育委員さんも、準備や見本を見せてくれてありがとうございます。
 
1月19日  5年生担当 初めてのたてわり活動
        みんなでいっしょに楽しく遊ぼう!
 1月19日(火)の朝活動では、5年生の企画としては最初のたてわり活動でした。5年生は当日の朝はみんな早めに登校して、やる気いっぱいでした。
 各班ごとに、5年生が初めて活動を考え、「ケードロ」「へびじゃんけん」「氷鬼」など、1年生から6年生までがみんなで楽しみました。ジョーロを使ってラインを引いたり、目印のコーンを置いたり、事前の準備もしっかりできていました。
 活動後は、「ルールを説明したり、まとめたりするのが大変だった」、「風が強かったからボール遊びは大変だった。」、「みんなが楽しそうだったからよかった。」という声が聞こえました。
 これから神明小を引っ張っていく5年生です。3学期もよろしくお願いします。
 
1月21日  校舎のガラスがピカピカに
〜ガラス清掃の業者の方が廊下側や危険な場所をきれいにしてくれました〜
 1月21日(木)に、1年に一度のガラス清掃がありました。
 普段できない場所を専門の業者の方にきれいにしていただきました。
 週末の雨で、空気がきれいになったのか、月曜日は空の青さがいつも以上だと感じました。
 コロナ禍で思うような清掃活動もできませんが、きれいになると気持ちがいいですね。
 
1月15日 第4回 1月のにこにこタイム
       「アドじゃん〜話の種〜」
   〜お互いに知らないことを知ることができました〜
 1月15日(金)に、4回目のにこにこタイムを行いました。
 今までの活動でわかった「聞き上手のポイント(身体を向ける、笑顔で、視線を向ける、相槌を打って聞くなど)」を使って、自分のことを相手にわかってもらおうとする活動でした。
 ふたりでアドじゃんをして、出た指の数を合計し、話の種を決めて、話す人と聞く人を交互に行いました。
 子ども達の感想には「相手の好きな動物などが聞けて楽しかったです。」「友達の好きな物や将来の夢を聞けて楽しかったです。」「クラスのいいところや担任の先生のいいところがたくさん言えてうれしかったです。」など、楽しい活動になったことが伝わりました。
 今年度もあと2回「にこにこタイム」が予定されています。どんな活動になるか楽しみですね。
 
1月下旬 体育館の照明LED工事が完了しました
 12月25日(金)から、約1ヶ月にわたり体育館の照明をLEDに交換する工事が行われました。
 ステージや2階ギャラリーの上も全てがLEDに変わりました。照度は今まで以上に明るくなりました。
 工事関係者の皆様ありがとうございました。
 
1月  体育委員会企画 「20分休み体育レク」
 1月の20分休みには、体育委員会のみなさんが企画した学年ごとの「体育レク」を行いました。
 活動は、6年生:ドッジボール、5年生:ケードロ、4年生:ドッジボール 3年生:ドッジボール、2年生:バナナおに 1年生:ふやしおにでした。
 体育委員の子ども達は、担当した学年の子ども達が楽しめるよう、気を配りながら活動を進めていました。そのおかげで、参加したみんなで楽しそうに活動していました。
 担当した体育委員のみなさんから、活動後に「(体育レクを企画・運営して)楽しかった。」という声が聞かれたこともとてもうれしいことでした。
 写真は、3年生の活動です。
 体育委員の皆さん、ありがとうございました。
 
1月26日 朝の運動 長縄
 1月26日(火)の朝の運動は、長縄になりました。
 コロナ感染症対策のため、クラスを2つに分けて行いました。低学年には、体育委員が回し手として協力しました。
 みんなで一緒に声をかけながら運動する姿は、とてもいいな、と思います。
 どのクラスも楽しそうな笑顔があふれていました。
 
1月26日  入学説明会
 1月26日(火)に入学説明会を行いました。今回は、保護者の方のみでの実施です。
 お忙しいところご出席いただき、ありがとうございました。
 4月7日(水)が入学式です。お子さんの入学を神明小児童・教職員でお待ちしています。
 

 1月13日掲載分
12月 みんなの気持ちを温かく!やわらかく!
      にこにこタイム  〜うんうん・なるほど〜
 12月17日(木)、18日(金)の朝活動の時間に、10月に次いで2回目の「にこにこタイム」を行いました。
 今回は、「うんうん・なるほど」という活動で、受容的に聞いてもらう安心感を体験することをねらいとし、聞き上手になる練習につながるものです。
 じゃんけんをして、「聞く人」と「話す人」に分かれ、「好きな食べ物」や「好きな色」などを話しました。話す人は、身体と視線を相手に向けて、聞く人は、笑顔で視線を向けて「うんうん」といって頷き、話に合わせて「なーるほど」と言って頷くものです。
 子ども達の感想には「同じものがあり共通点があってすごく楽しかった。もっと聞きたかった。」、「自分のことを話すのが楽しかったです。いつも話していても「うんうん」とか「なるほど」とか使わないので新しい感じがしました。」、「うんうん・なるほどなどと言って聞いてくれたから、よく聞いてくれた感じがした。」、「自分では、前よりも話す人が話しやすそうに見えた。聞き方名人になれた気がする。」など、貴重な体験となったようです。ぜひ、聞き方名人をめざして学校でご家庭でも実践してほしいです。
 
12月18日 みんなが行きたい神明小図書室リニューアルプロジェクト!
       市立図書館の方にアドバイスをいただきました
 12月18日(金)に、市立図書館の司書さん達に来ていただき、図書室の展示や蔵書の保存などについてアドバイスをいただきました。
 今年度は、子ども達が本に触れる機会を増やし読書活動を充実させるため、図書館リニューアルに取り組んでいます。休校中には、前後の壁を白色にペンキを塗って部屋を明るくしたり、保護者の方に図書館ボランティアを募って本の修理を進めたりと少しずつ変容を遂げています。
 そこで今回は、専門の司書さんの立場で本校の図書室を見てもらいました。古くなった本の選別の基準や内容ごとにまとめて展示する方法、限られたスペースを有効活用するための方法など貴重な話が聞けました。
 3学期は図書委員会で出されたアイディアを基に、みんなが本に親しめる環境づくりをより一層進めていきます。
 
12月 人権学習 〜DVD感想文の発表(放送)〜
 12月の人権週間に、各学年で人権DVDを視聴し、感想文を書きました。ひとりひとりが自分の考え、感じたことをとてもよく表現しました。
 そこで、学年を超えて考えや思いを共有できるよう、全学年のクラスの代表のみなさんに、お昼の放送で発表してもらいました。内容がいじめに関することだったので、「いじめを見たときに自分ならどうするか」など、自分の考えをしっかり発表してくれました。
 これからも「自分も大事、みんなも大事」の心で、毎日の生活をつくっていきたいですね。
 
12月21日 みんなが行きたい神明小図書室リニューアルプロジェクト!
       〜壁の柱にペンキを塗りました〜
 12月21日(月)に、図書室の廊下側の柱の塗装を、専門の業者さんにお願いしました。
 長年の使用でペンキがはがれたり、浮いてしまっていたりして、下地処理をしなければペンキが塗れないため、専門の方にお願いしました。1日の作業でとてもきれいになりました。柱だけでなく、枠のところも白く塗っていただいたため、壁全体が見違えるほどきれいに明るくなりました。
 夏休みを利用して先生達で前後の壁を塗ったり、物置になっていた部屋を片付け、使える棚を図書室廊下に移動してスペースを作ったり、ウォールステッカーを貼ったり、机に新しいテーブルクロスをかけたりと、図書室の魅力アップのための様々な作業をしてきました。
 また、以前もらってきた未使用のカーペットタイルを敷き、その上にテーブルクロスをかけ、本棚兼用のイスを置き、靴を脱いで座って本を読める場所も作りました。それに次ぐ作業です。
 業者さんの作業の後、南側の柱とカーテンの枠の所を冬休みに中に用務員さんに塗ってもらいました。子ども達が喜んでくれるといいな、と思います。
 3学期は、図書委員さん達が考えてくれた図書室の魅力アップのためのアイディアを実現してもらう予定です。
 
12月 今年度初めての「あいさつ運動」
   神明小の伝統、「おこめ」あいさつでみんなの心を温かく!
 12月21日(月)に、児童会本部役員が中心となり、今年度初めてのあいさつ運動が行われました。
 青空の下、寒さは厳しかったですが、役員のみなさんは、正門・北門・児童玄関に分かれて、「大きな声」で「こころを込めて」「目を見て」(おこめあいさつ)、とマスクの下から元気に呼びかけていました。
 1月は、12日(火)、22日(金)に実施予定です。
 本部役員のみなさん、ありがとうございました。
 
12月22日 6年生担当の最後のたてわり活動
       みんなでいっしょに楽しく遊ぼう!
 12月22日(火)の朝活動は、6年生の企画としては最後のたてわり活動でした。
 今年度は、コロナ感染症対策のため集まって活動する機会が減ってしまったため、今回で3回目の活動でした。
 各班ごとにリーダーの6年生が全員で楽しめる活動を考え、「ケードロ」「へびじゃんけん」「ドッジボール」「ドッジビー」など、1年生から6年生までがみんなで楽しみました。寒くなって外で身体を動かすことが少なくなっていますが、青空の下、楽しい活動になりました。
 3学期はいよいよ5年生がバトンタッチして企画します。6年生の皆さん、今までありがとうございました。5年生の皆さん、よろしくお願いします。
 
2学期 終業式
〜神明小の全員が、自分で、そしてみんなで、力を伸ばした2学期でした〜
 12月24日(木)に放送で、終業式が行われました。
 校長先生からは、「ありがとう」をキーワードに2学期の生活を振り返ったお話がありました。新型コロナ感染症対策のため、制限のある中でしたが、ひとりひとりが前向きにがんばったこと、みんなで助け合い、力を合わせてがんばったこと、そしていろんな方にお世話になりながら学校生活を送ることができたことを振り返りました。
 また、2年生の代表児童2名が、2学期の反省と3学期の目標について作文を発表しました。3学期もがんばっていこう、という素直でまっすぐな気持ちが伝わってきました。とても立派でした。
 生徒指導の担当からは、冬休みの安全な過ごし方についてお話がありました。たくさんの質問に、自分を振り返りながら手をあげ、ひとり一人が自分の生活について考えることができました。
 顔を見ず、放送を聞く終業式、話を聞く時間が長かったのですが、どのクラスも真剣に聞くことができていました。とてもうれしいことだと思います。
 2021年も、みんなで力を合わせて、力を貸し合って、楽しく元気な、そして力を伸ばす毎日をつくっていきましょう!
 
冬休み 〜階段に手すりがつきました〜
 冬休み中に、裏校舎西側の階段に手すりを設置しました。
 今回の工事で、神明小の全ての階段に手すりを設置することができました。神明小学校は、広沢2丁目の避難場所にも指定されています。
 地域の皆さんも利用する施設ですので、大切に使っていきたいですね。
 
3学期 始業式
     考えよう、やってみよう、伝えよう・分かち合おう!
 1月7日(木)、3学期の始業式が放送で行われました。
 校長先生から「考えよう学校のこと」「考えよう自分のこと」「考えよう、やってみよう、伝えよう・分かち合おう」のお話がありました。子ども達は「学校は何のために通うのか」、「どんな自分になりたいか」、「自分の伸ばしたい力」をしっかり考えていました。
 また、4年生の代表が、「2学期頑張ったこと、3学期頑張りたいこと」の作文発表をしました。上級生として下級生のお手本になりたい、自分の力をもっと伸ばしたい、という力強くまっすぐな気持ちがとてもよく伝わってきました。
 話を聞いているみなさんの気持ちも、新たな学期の始まりにピカピカだったと思います。
 始業式も放送での式となりましたが、どのクラスも姿勢をよくして、しっかり聞くことができました。3学期のよいスタートが切れたと感じました。うれしいことです。
 6年生は52日、1〜5年は54日間の3学期です。みんなで「考えよう、やってみよう、伝えよう・分かち合おう」で楽しく、力を伸ばす毎日をつくっていきましょう!
 

 12月17日掲載分
12月3日 持久走大会 〜自分の力を出し切りました〜
 12月3日(木)に、学年ブロックごとに入れ替え制で持久走大会を開催しました。
 風もなく絶好のコンディションの中、子ども達は自分の力を発揮しました。
 運動会終了後の11月から子ども達の体力向上のため、子ども達が自分自身の目標をもって練習ができるよう、実施時期をずらしての大会でした。
 感染症対策についても体育部の先生方が工夫し、練習コースを学年ブロックごとに分けたり練習時間を分けたりと工夫しました。併せて走行コースも見直しました。
 同時に持久走の意義、効果的な練習の仕方についても調べ、同じペースで走ることを意識する、日本陸上競技連盟が持久力体力向上のために勧めている「5分間走」を踏まえ、練習中に時間を知らせる、体育委員が持久走のアドバイスを放送するなど、工夫しました。
 練習期間中は各自が自分の目当てをもって練習に取り組みました。初めての持久走大会となる1年生も、持久走カードの色塗りを目当てにがんばっていました。自主練習をしたいという要望が子どもから寄せられ、自習練習コースも後半に設けるほどでした。
 当日は低学年は700m、中学年は1000m、高学年は1200mを走りました。それぞれ自分の力に合わせて目標のタイムを設定し挑戦しました。走り終わった後は、教室でPTAからのリンゴジュースをいただきました。
 保護者の方の応援も場所・人数を制限し、入れ替え制でお願いしました。保護者の皆様もお忙しい中、応援に来てくださりありがとうございました。また、日頃より、練習に向けての体調管理等大変お世話になりました。
 みんなで自分の目標をもって臨んだ持久走大会、とても立派にがんばりました。
 
 
12月4日 第1回家庭教育学級「生命の授業」を行いました
 12月4日(金)に、PTA文化部と4年学年行事の合同開催で第1回家庭学級「生命の授業」が体育館で開催されました。
 県の助産師さん2名をお招きして、「生きているだけで100点満点」ということを、命の旅を体験しながら学ぶことができました。
 
 「いのちを大切にする=(イコール)自分を大切にする=(イコール)他の人も大切にできる」
 
 というメッセージを助産師さんからいただきました。
 毎年行っている行事ですが、今回はコロナ感染症対策のため妊婦さんはお呼びしない形や赤ちゃんの重さを実感する体験もできないなど制約がありましたが、子ども達は最後まで真剣に聞いていた姿が印象に残りました。
 最後に児童代表からお礼の言葉と花束の贈呈がありました。
 お家に帰って、どんな会話がなされたでしょうか。
 早く来て会場の準備をしてくださった文化部の方や4年の学年委員さんありがとうございました。
 
12月4日 2回目のたてわり活動が行われました
 12月4日(金)の朝活動の時間に、澄み切った青空の下で全校児童が校庭でたてわり活動を楽しみました。
 6年生が密を避ける内容を考えてドッジボール(参加する学年を分ける)、ケイドロ(捕まった人を置く牢屋を広くする)などを団ごとに行いました。
 前日の持久走大会の疲れを見せずに楽しそうに活動する子どもの姿が微笑ましかったです。
 3学期からは5年生がたてわり活動の中心となります。今年は、回数が少ないですが大切な活動だと改めて感じる時間でした。
 
12月8日 陶芸教室 〜世界で一つのだけの作品〜
 8日(火)、5年生が図工の学習で陶芸教室を実施しました。
 講師に、鏑木陶房の横田先生を迎え、はじめにろくろを使った作業を見て、実際の制作の説明を受けました。
 どの子も真剣に楽しそうに取り組んでいました。お皿やお茶碗、とって付きのカップなど世界で一つだけの作品になりました。
 できあがった作品は、よく乾かしてから先生の窯で焼いてもらい、完成する予定です。完成作品が楽しみです。
 講師の先生ありがとうございました。
 
12月9日 しんめちゃん祭り
        〜1・2年生が楽しく交流しました〜
 
スローガン
2年生が作ったポスターの文字の
部分を抜き出しました

しんめちゃんになるように考えたそうです。

さすがです!
 9日(水)に、2年生の生活科の学習で、「しんめちゃん祭り」が体育館で行われました。
 この学習は、2年生が「自分たちで作ったおもちゃをみんなで楽しむこと」を目的に、毎年1年生を招いて活動をしています。スローガンは「しんかした2年生が1年生のめんどうをちゃんとみる」でした。
 今年は、密を避けるために会場を体育館にして、1年生をクラスごとに招きました。
 班ごとに、「さかなつり」「ねこガチャ」「何が入っているかお楽しみ」「ダーツ」「しゃてき・ゆみや」などのゲームを考え、1年生を楽しませてくれました。
 1年生も景品をもらってうれしそうでした。
 2年生は、お客さんを呼び込んだり、ルールを説明したりとおもてなしもしっかりできていました。
 ボーリングでは、初心者用に枠を作ったレーンもあり、思いやりの気持ちが伝わってきました。
 2年生のみなさん、とてもがんばっていましたね。
 
12月11日(金)15日(火) いじめ防止集会が開かれました
 児童会本部役員が中心となって、2日に分けて体育館でいじめ防止集会を行いました。
 11日(金)は、1・3・5年生、15日(火)は2・4・6年生でした。本部委員さん達が考えた日頃起こりやすいいじめの様子を劇にするために脚本を考えました。劇の途中に「どうしたらよいか」考え、会場のみんなが近くの人と相談し、何人かの人に意見を発表してもらうという工夫もされたとても素晴らしい内容でした。
 シナリオは、お休みした人が学校に登校したときに「コロナ感染症」だとまわりから避けられてしまった場面と貸したものが壊されてしまった時にひどい言葉を言ってしまった場面を取り上げ、どうすればよいかを考える内容でした。役員さんの熱演で、しっかり考えることができました。
 いじめを受けたり、見かけたりしたら、「相手の気持ちを考える」「勇気を出して行動する」「助けをもとめる」ことが大切であること役員さんが発表してくれました。
 教室に戻ってから子ども達は、考えたことをまとめました。
 休み時間を使って企画・練習・準備とがんばってくれた本部役員のみなさん、ありがとうございました。
 
12月11日(金)6年 人権講座  〜人権を考えました〜
 11日(金)、6年生が桐生市教育委員会生涯学習課の小池先生を講師に、人権講座を受講しました。
 今年度は密を避けるために、クラスごとに実施をしました。
 人権を損ねるような歴史や実態の話、「プレゼント」という題のいじめのビデオを視聴してから、「人を傷つける言葉」や「相手の気持ちを考えた行動」を1人1人が考え、自分とみんなを大切にすることが大事であることを学びました。
 授業の最後に、各クラスの代表の人がお礼の言葉を発表しました。その言葉の中に「改めて人権を見直した。知らない問題もあったので資料を家でゆっくり読みたい」という感想があり、真剣に学び考えたことがとてもよく伝わってきました。
 しっかりとした態度で受講している姿に、講師の先生からお褒めの言葉をいただきました。さすが6年生ですね。
 講師の先生も忙しい中ありがとうございました。
 
12月14日 サッカーボールの寄贈を受けました
 14日(月)に、学校生協を通じて申し込んだ「学校にサッカーボールをプレゼントする企画」で、本校が当選しました。
 14日に教頭先生が代表としてボールを受領しました。本格的なサッカーボールです。
 有効に活用します。
 ありがとうございました。
 
12月 受賞おめでとう  学校警察連絡協議会表彰
 平素より立派な生活態度でよく学業に励み、社会における責任を重んじている児童を表彰する「桐生市みどり市学警連表彰」で6年生2名が受賞しました。
 コロナ感染症対策のため、学校で校長先生が賞状と記念品を2人に渡しました。
 これからもいろいろなことにチャレンジしてほしいと思います。
 おめでとうございました。
 

 12月2日掲載分
11月27日 先生も学んでいます
     〜より神明小のみなさんの力を伸ばせるように〜
 11月27日(金)は、先生達みんなで、よりより授業づくりのための研修をしました。
 教育委員会より2名の指導主事の先生をお迎えして、6名の先生が研修のための授業を行いました。算数(1・2・4年・あおぞら2)、社会(3・6年)の6つの授業です。
 子ども達はたくさんの先生に見守られて緊張していましたが、新しい内容を仲間と協力し一所懸命に考えている姿が見られました。
 放課後は、指導主事の先生から指導を受け,授業の反省をしました。この日の授業に向けては、先生達が放課後グループに分かれて、授業プランについて意見交換をしたり、事前にとなりのクラスで授業を行い、それについて意見交換し、プランを修正するなどして当日の授業になりました。
 これからも神明小の大切な子ども達がより力を伸ばせるよう、楽しく分かりやすい授業づくりを頑張ります。
 

 11月25日掲載分
4学年 授業参観が行われました
 11月10日(火)に、4学年の授業参観を行いました。コロナ感染症対策のため、今年度最初の授業参観になりました。
 保護者の方は、運動会に引き続き、健康チェックカードの提出や交代制での参観などご協力いただきありがとうございました。
 国語の慣用句の学習で、辞書を活用した授業でした。時間を区切って参観していただくため、ご迷惑をお掛けしました。12月4日(金)には、学年行事「生命の授業」でもお世話になります。
 
1学年 授業参観が行われました
 11月10日(火)に、1学年の授業参観を行いました。
 コロナ感染症対策のため、今年度最初の授業参観です。そして、1年生にとっては、入学して初めての授業参観でした。
 生活科の学習で、育てた朝顔の蔓をリースのように丸くしたものに、親子で一緒に飾り付けをする活動でした。グルーガンで木の実を糊り付けしたり、リボンで飾ったりと楽しそうに取り組んでいました。どんぐりや松ぼっくりをたくさん拾ってきた人もいました。クリスマスに向けてご家庭で飾られるとよいですね。
 お世話になりました。
 
第2回 サイエンスドクターによる科学教室
 9月に続き、11月11日(水)のクラブの時間に、科学クラブでサイエンスドクターによる科学教室が行われました。
 今回は、電子顕微鏡を活用して乳酸菌や納豆菌な、ど身近で体によい菌を見ることができました。アルコールで手指消毒しても生きている常用菌はたくさんいるそうです。私たちの体に大切な役割を果たす菌もいっぱいいて、一人あたり100兆以上の菌が住んでいると教えていただきました。
 一人で生きているようでたくさんの菌に支えられているというのがおもしろい話でした。
 早めに学校に来て、準備をしていただいたサイエンスドクターと助手の方、ありがとうございました。
 
5学年 初めての授業参観 〜楽しくがんばりました〜
 11月10日(火)に、5学年の授業参観を行いました。
 コロナ感染症対策のため、今年度最初の授業参観になりました。保護者の方は、運動会に引き続き、健康チェックカードなどの提出もありがとうございました。
 1組は家庭科でミシンを活用したエプロン作り、2組は外国語で道案内の学習でした。
 3学期には、学年行事「情報モラルの授業」でもお世話になります。
 
4年生 〜美術の楽しみ方を学びました〜
 11月11日(水)に、4年生で館林美術館の先生による図工の鑑賞の授業が行われました。
 「お気にいりの作品を見つけよう」のめあてで、はじめはグループでカードゲームを行いました。その後、一人一人が自分の好きな作品を決めて、その理由を伝え合う活動をしました。自分の気持ちや作品に込められた作者の想いを考えて鑑賞するとよいと教えていただきました。絵を上手に書くためには「よく見ること」「思いつきでかかない」とアドバイスをいただきました。
 ありがとうございました。
 また、当日は上毛新聞の記者さんが取材にきてくださり、翌日の朝刊に載せてくださいました。
 
6学年 〜今年度初めての授業参観〜
   みんなのがんばる姿を見てもらいました
 11月17日(火)に、6学年の授業参観を行いました。
 コロナ感染症対策のため、今年度最初の授業参観になりました。
 1組は道徳で命の重みを考え、2組は外国語で食材の産地等の表し方を学習しました。その後、体育館で学年行事「情報モラルの授業」を親子で学習しました。桐生警察のスクールサポーター中島さんを講師に迎え、具体的な事例(自撮りした写真を巡るトラブルの映像視聴)をもとに、スマホ等の利用による危険性について話していただきました。
 「日頃より、親子で話し合う関係が大切です。」という言葉が印象に残りました。
 ご家庭ではどんな会話がなされたでしょうか。
 お忙しい中、ご参加いただきありがとうございました。学級委員さんもお世話になりました。
 
3年生 今年度、初めてのバスでの校外学習に出かけました。
 11月17日(火)に、3年生が校外学習としてぐんま昆虫の森、桐生消防署に行ってきました。
 今年度バスを利用した活動は初めてであり、「うれしくてうれしくてよく眠れませんでした。」という声も出発前に聞かれました。
 昆虫の森では館内の展示見学のほか、バッタの原っぱでクイズに答えるウオークラリーを班で行いました。午後は、桐生消防署に行き、施設の見学やはしご車乗車の体験ができました。社会の授業でちょうど防災の学習をしています。
 たくさんのことを学び、体験できた1日となりました。
 
1・2年生 初めてのウオークラリー!
 11月18日(水)に、1・2年生が校外学習として、ぐんま昆虫の森に行ってきました。
 1台のバスを有効に活用するため早出の1年生、遅出の2年生と分けて、館内展示そして、バッタの原っぱでクイズに答えるウオークラリーを班で行いました。大きなカブトムシを観察したり、幼虫に触ったり、たくさんの蝶々を観察したりとたくさんのことを学び体験した1日となりました。
 天気に恵まれ、暖かい日差しの中、とても楽しい1日となったようです。元気いっぱいで学校に帰ってきました。
 保護者の皆様には、お弁当の準備など大変ありがとうございました。
 
11月20日    42回目の開校記念日
 11月20日(金)は、神明小の開校記念日です。今年で、42回目を迎えました。
 記念誌によると、昭和54年4月1日に開校し、その年の11月20日に開校記念式典を行ったので、この日を開校記念日にしたとのことです。
 お昼の放送でこのことを伝えると、昼休みに4年生から折り紙で作ったケーキとメダルが校長室にプレゼントされました。優しい気持ちに心が温かくなりました。
 また、4年生や6年生の児童の中に、学校の中庭のお花や家庭にある花を廊下やトイレに飾る活動を自主的に行っている子ども達がいます。
 コロナ禍で気持ちも少しくもることもありますが、自分たちで学校をよりよくしようと考え、行動する姿をたくましく、そしてうれしく思います。
 優しい気持ちをありがとうございます。
 
11月24日 図書館ボランティアの打ち合わせを実施しました
 11月24日(火)に、図書館ボランティアの第1回打ち合わせ会を行いました。
 今年度初めての試みで、図書室環境整備のボランティアを募ったところ、13名の方から申込みがありました。
 図書室においてこれからの活動内容の説明(読書環境の整備)の後、図書館管理補助員の先生より本の修理やカバー外し作業のやり方の講習を受けました。12月より、無理なくできる範囲でお力を貸していただければと思います。
 これからよろしくお願いします。
 

 11月11日掲載分
 晴天の下、神明小らしい温かく優しい気持ち
          がんばる気持ちいっぱいの運動会開催
 10月24日(土)に、「仲間を信じてかけぬけろ、みんながかがやくステージへ」のスローガンの下、第42回運動会を行いました。
 新型コロナ感染症予防・拡大防止のため、児童席の間隔を広げたり入れ替わり制の保護者応援場所を設けたり、と対策や制限がある中でしたが、子ども達は元気に力いっぱい、競技、応援、係の仕事とがんばりました。
 みんなで力を合わせてつくる運動会、ということで、今年度は団長の選手宣誓もみんなの顔を見て行う、赤団・白団の応援発表をプログラムに入れる、閉会式でも団長・副団長から団員みんなへのメッセージを発表する時間を設けるなど、子ども達がより活躍できるよう工夫しました。
 疲れないのかな、と思うくらい6年生が競技中にずっと児童席の前で応援を続ける姿、6年生がいないときは5年生、下級生達が手拍子で応援する姿など、学年を超え、各団が心を一つに優勝を目指す姿がとてもすばらしかったです。
 また、各競技、特に表現・ダンスでは、楽しんでもらおう、明るい気持ちになってもらおう、感染症への対策は続いているけれどわたしたちは負けずにがんばっているぞ、というメッセージが伝わってきて、心に響きました。
 保護者の皆様、来賓の皆様にもご協力と温かい応援をいただきました。ありがとうございました。
 
 全校で優しい気持ちに!
  第2回にこにこタイム「アドじゃん」で盛り上がりました
 7月に次ぎ、10月30日(金)の朝活動の時間に「にこにこタイム」を実施しました。
 今回は、じゃんけんのやり方を少し変えた「アドじゃん」をしました。
 「アドじゃん」は、「相手を意識して、同じ数を出そうとすることで、他者とかかわる楽しさを味わうことができる」活動です。先生の説明を聞いて、まずは先生と、そして、ペアで実践しました。
 ソーシャルディスタンスをとりながらも、楽しそうな雰囲気が伝わってきました。ぜひ、お子さんからやり方を聞いて、親子で取り組んでみてください。
 
 教育実習の先生と楽しい時間を過ごしました!
     大学に戻っても頑張ってください!
 10月2日から30日までの4週間、本校の卒業生の大学生が教育実習に来ていました。
 3年1組の学級を中心に、将来の教師になる夢の実現に向けて、授業や休み時間など一生懸命に児童と接していました。
 実習中には運動会もありました。学校の先生として、一緒に運動会を経験し、改めて先生の仕事の幅広さ・奥深さ・大変さ、そして楽しさ、やりがいを感じたようです。教師として先輩である私たちも初心を思い出すことができました。大学に戻り、教師になる勉強を続けることをお昼の放送で子ども達に話していました。
 今年は、2名の実習生を受け入れました。改めて、教師の仕事の素晴らしさ・楽しさに気付かされた期間でした。
 
 2学年 授業参観・親子行事が行われました。
 10月30日(金)に、2学年の授業参観・親子行事が行われました。
 コロナ感染症対策のため、今年度最初の授業参観になりました。保護者の方には、運動会に引き続き、健康チェックカードの提出や検温、参観の際のソーシャルディスタンスの確保など、ご協力いただきました。ありがとうございました。
 親子で行った「ヨガ教室」は、いかがだったでしょうか。学年委員の皆様、準備なども大変お世話になりました。
 
 
 3学年 授業参観・親子行事が行われました。
 11月5日(木)に、3学年の授業参観・親子行事が行われました。
 コロナ感染症対策のため、今年度最初の授業参観でした。
 保護者の方は、運動会に引き続き、健康チェックカードなどの提出もありがとうございました。
 親子で行った「ヨガ教室」は、いかがだったでしょうか。学年委員の皆様、準備などもおせわになりました。
 
 6年生 修学旅行に行ってきました!
     「自分で 考え 行動
          一生に 1度の 思い出を 作ろう!」
 
 11月5日(木)、6年生が修学旅行に行ってきました。
 雲1つない青空、暖かな秋の日、天候にも恵まれ、元気に仲良く協力し、楽しい1日をみんなで作りました。
 午前中は「たくみの里」で散策、体験活動を楽しみました。
 地図を確認しながら歩いたり、お土産を買ったりと各班ごとにのんびりと紅葉を楽しみながら散策しました。体験活動では、それぞれの活動の先生・師匠の指導を受けながら作品作りに取り組みました。七宝焼きの家、ガラスの家、竹細工の家、木工の家、おめんの家、と分かれ、素敵な作品を作りました。竹細工の家のメンバーは、早速作った竹とんぼを楽しく飛ばして遊びました。
 「たくみの里」でのんびりとお家の方が作ってくれたお弁当をいただき、午後は「渋川スカイランドパーク」で楽しみました。平日のため、待ち時間もほとんどなく、乗り物に乗ったり買い物をしたりとみんなで楽しく過ごしました。
 バスガイドさんや「たくみの里」の先生方から、「とても立派な態度で取り組めましたね。」、「あいさつがしっかりできますね。」とお褒めの言葉をいただきました。特に、「ただあいさつの声を出すだけでなく、目を見てあいさつしてくれるのは立派ですね。」と褒めていただけたことはうれしかったです。神明小の「おこめあいさつ」ですね。
 「自分で考え行動 一生に1度の思い出を作った」修学旅行、またみんなが大きく力を伸ばしたと思います。「考えよう やってみよう 伝えよう・分かち合おう」でこれからもどんどんいろいろなことにチャレンジし、自分の力・クラスの力・学年の力・学校の力をみんなで伸ばしていきたいです。
 護者の皆様には事前の準備、朝早くのお弁当作り、体調管理と大変お世話になりました。ありがとうございました。
 

 10月21日掲載分
5年生 校外学習に出かけました
 10月15日(木)に、5年生が校外学習として上毛新聞印刷センター(伊勢崎市)、県立館林美術館、向井千秋記念子ども科学館に行ってきました。
 太田のスバル工場を見学する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症対策のため中止となったため、情報産業の学習につながる上毛新聞印刷工場を見学しました。実際の作業は明け方に行われるため、映像で学習しました。新聞を印刷する大きなロール紙にびっくりしました。
 その後、館林に移動し、美術館の外でお弁当を食べた後、3つの班に分かれて、学芸員さんに絵の説明や鑑賞のポイントなどの話を聞きました。
 「もう一度来たい!」という声があがりました。
 科学館では、班ごとに施設内にある体験コーナーを回った後に、プラネタリウムを鑑賞しました。科学の不思議を体験し、「なんで?」という声がたくさんあがりました。
 タイトなスケジュールでしたが、一人ひとりがめあてをもって見学することができ、大変立派でした。
 子どもたちは、体験を通して、楽しみながら社会科と理科の学習を深めることができました。また、工場を見学するだけではなく、働いている人の話を聞くことで、色々な工夫を学ぶことができました。校外学習での学びをこれからの生活に生かしていってほしいと思います。
 翌日の上毛新聞には、クラスごとに撮った写真が掲載されました。色々な方にお世話になりました。ありがとうございました。
 
   

就学時健診が行われました 来年の入学を楽しみに待っています
 10月14日(水)に、来年度入学する児童の健康診断などを行う就学時健診が行われました。
 例年は、6年生が誘導係としてお手伝いをしていましたが、新型コロナウイルス感染症対策のため、6年生には、会場準備をしてもらいました。短時間にテキパキ動きがんばってくれました。
 就学予定のご家庭の方や幼児のみなさん、神明小学校はどうでしたか。来年の入学を楽しみに待っています。
 お忙しい中、来校いただきありがとうございました。
 入学説明会は1月27日(水)です。よろしくお願いいたします。
 
本番に向けて、運動会全体練習が始まりました
 いよいよ10月24日(土)の運動会本番に向けて、各学年の練習が盛り上がってきました。
 新型コロナ感染症対策のため、大きな声を出せない中、各団の応援練習が行われました。前に出た6年生の代表の合図で、手拍子で応援します。最初は遠慮がちでしたが、最後は大きな音が出てきました。
 今年は、みんなの応援する姿、団結する力のすばらしさをよく見ていただくために「応援発表」をプログラムに加えました。スローガン「仲間を信じてかけぬけろ、みんながかがやくステージへ」にあるように、仲間を信じて大きな応援ができるように、練習を頑張り本番を迎えてほしいと思います。
 
学級の生活目標を決めて、校長室前廊下に掲示しています
 2学期より、学級活動の中で、自分たちでよりよい生活をつくるために考えて、具体的に取り組む目標を決めて実践しています。各クラスの目標を校長室前に掲示しています。
 現在は、「運動会」「仲間づくり」「学習面」などについて、みんなで取り組もうとする目標があり、クラスのやる気が伝わります。みんなで決めて、自分たちで取り組むことで、自分たちで進化できる体験ができます。
 ぜひ、意識して継続してほしいです。
 
運動会に向けて整備をしていただきました
 毎年、運動会の際には両毛システムズ様の駐車場をお借りしています。
 今年は、PTA顧問の野村さんのご厚意で、駐車場からプール側に出るあぜ道の除草と用水路落下防止用のロープを設置していただきました。
 ありがとうございました。
 運動会で駐車場を使用する際にご確認ください。
 
サッカーゴールに防護マットを設置しました
 休み時間になると、たくさんの児童がサッカーで遊んでいます。また、周囲で鬼ごっこをする子どもたちもいます。そこで、安全面を考慮し、サッカーゴールに防護マットをつけました。子ども達は、触ったり抱きついたりと感触を確かめています。
 夢中になると、当たってしまうこともあります。気をつけながらボール遊びを楽しんでほしいと思います。
 来年は、もう一つのゴールに設置できたらと思います。
 

 10月7日掲載分
3年生 校外学習に行ってきました
 9月30日(水)、10月1日(木)の二日に分けて、3年生が広沢1丁目の「アルファテックス」(ネクタイ工場)さんに、社会科の学習として工場見学に行ってきました。
 工場は、ネクタイをデザインする部屋や機を織る織機工場、ネクタイを作る縫製工場に分かれていました。大きな音を立てて織機が動くところや生地からネクタイが作られる様子を見て、子ども達は驚いていました。
 さすが、「桐生は日本の機どころ」です。
 校区内に大きな工場があることに改めて気づかされました。
 お忙しい中、見学をさせていただいた「アルファテックス」の皆様、ありがとうございました。
 
運動会のスローガンが決定しました。
 10月24日(土)に行われる運動会のスローガンが決定しました。
 児童会が4年生以上の児童に募集をして、今年は5年生が考えた「仲間を信じてかけぬけろ みんなが輝くステージへ」に決まりました。
 2日(金)の朝の活動で、赤団・白団の団長・副団長、応援団長も放送で紹介されました。
 例年と異なり、コロナウイルス感染症予防対策を取りながらの応援練習になります。
 6日(火)の朝活動では、6年生が各学年に応援の手拍子を教えました。
 これから全体練習が始まります。力を合わせて各団ともに輝いてほしいです。
 
10月 今年度初めての避難訓練を行いました。
 10月1日(木)に、地震発生を想定した、避難訓練を行いました。
 例年6月に、保護者の方へ引き渡す訓練を実施していましたが、今年は1学期にできませんでした。1年生にとっては、初めての訓練となりました。
 校長先生からは、「いつも先生が一緒にいるとは限らないので、自分で考えることが大切です」と話がありました。
 地震は必ず起こります。その時に、あわてずに行動できる準備や心構えをもちましょう。
 
教育実習生が母校に来ました。
 将来の夢の実現のために本校の卒業生2名が、教育実習に来ています。
 栄養教諭や小学校教諭を目指すために、本校で学んでいます。期間は異なりますが、2学年と3学年を中心に学級につき、子ども達と授業を行います。夢に向かって努力する先輩の姿は、必ず後輩達に伝わると思います。
 実習生さんには、お二人の学校の紹介やメッセージをポスターに作ってもらいました。子ども達がちょっと先の自分の未来を考えるきっかけになるといいなと思います。
 着任のあいさつは、お昼の放送で行いました。頑張れ、実習生。健康に気をつけて、神明小でしかできない体験を大切に頑張ってほしいと思います。
 
1・2年生 校外学習に行ってきました。
 10月6日(火)に、1年生は桐生が岡公園・動物園、2年生はこどもの国・岩宿博物館に校外学習に出かけました。
 1年生にとっては、初めてのバスを活用した学習です。
 幸いなことに一緒の学校も少なく乗り物もたくさん乗れ、動物園でもゆっくり見学ができました。おいしいお弁当をいただき、元気いっぱいで活動した1日でした。
 
 
 2年生は、こどもの国ではプラネタリウムで「たいようくんとお月ちゃん」のアニメを視聴したり、大きな遊具をみんなで使ったりして遊びました。
 その後、バスで移動し岩宿博物館では、外の芝生でお弁当を食べた後、講師の説明を聞きながら見学し、まが玉作りに挑戦しました。
 班ごとの役割をしっかり勤め、協力し、力を伸ばした1日でした。
 
群響 移動音楽教室ワークショップが開かれました。
 10月6日(火)に、4・6年生を対象にしたワークショップが開催されました。
 これは、今年度コロナウイルス感染症拡大防止の観点から中止となった移動音楽教室の代替事業で、プロの演奏家の立場からオーケストラに関するお話をいただき、演奏をみんなで楽しみ、次回の移動音楽教室鑑賞につなげることが目的となっています。
 体育館で、バイオリン奏者の筒井志帆さんからは、自己紹介やオーケストラの説明を聞き、生の演奏を6曲も聴くことができました。共演コーナーでは、ヨハン・シュトラウス作曲の「ラデッキー行進曲」を演奏してもらい、手拍子を4年と6年で2つに分け、一緒に演奏しました。
 授業とは違う実際の演奏を身近で聞くことができ、きっと心に残った体験になったと思います。
 いつか大きな会場で群響のオーケストラの演奏を聴く機会があると良いですね。
 

 9月24日掲載分
9月15日 5年生 校外学習
       東毛青少年自然の家に行ってきました
 新型コロナウイルス感染症予防対策のため、宿泊学習が日帰りとなってしまいましたが、5年生が「楽しい思い出作りに出発だ!」のスローガンのもと、仲間とともに思いっきり活動を楽しみました。
 午前中は、班ごとにクイズや山の中にあるポイントを巡るチャレンジハイク、午後は、世界に一つしかない「マイスプーン作り」、班ごとにゲームに挑戦して得点を競う「室内レク」、夕食後にはダンスやゲームで盛り上がった「キャンプファイヤー」など、一日を有意義に過ごしました。
 茶臼山の頂上からは、神明小の校舎や校庭で体育をする様子も見えました。
 学校まで、お迎えに来ていただいた保護者の皆様のご協力に感謝いたします。
 
9月16日 4年生が校外学習
   自然史博物館・ガトーフェスタハラダへ行ってきました
 4年生が校外学習で、県内の施設を活用した体験を通して、理科や社会の学習を深めました。
 自然史博物館では、クラスごとに分かれ、「アンモナイトのレプリカ作り体験」と「ワークシートをもとに展示を見学する活動」を行いました。レプリカ作りでは、講師の先生の話を聞いて、オリジナルのアンモナイトのレプリカを作りました。「うまくレプリカを作れる人が、よい研究者になる第一歩」と声を掛けられ、みんな真剣に取り組んでいました。
 午後は、グーテ・デ・ロワで有名なお菓子の製造工程を見学しました。ビデオの視聴や実際に作られる工程も見ることができ、最後には、その場で試食させていただき、みんな喜んでいました。帰りにはお土産もいただきました。お家でいただきました。
 心配した天気もなんとかもち、芝生の上で昼食をとることができました。
 保護者の皆様、お弁当作りなど準備のご協力、ありがとうございました。
 
9月17日 6年生 校外学習
     県立歴史博物館・県立近代美術館に行ってきました
 5月に予定していた校外学習の内容を変更しましたが、6年生は一生懸命取り組み、充実した体験活動となりました。
 歴史博物館では、クラスごとに分かれて「浮世絵(多色刷り版画)作り」と「展示見学」を行いました。絵はがきサイズの中山道の風景画を作る作業工程を体験しました。
 また、近代美術館では、講師の方に鑑賞についてのポイントを説明していただき、見学しました。
 最後に、観音山古墳に寄り、墳丘の上に立ち、古墳の大きさや当時の工事の技術について考えました。施設の方からは、一所懸命に取り組む6年生の姿にお褒めの言葉をいただきました。さすが6年生です。
 今後の修学旅行でも、楽しい思い出をつくってほしいです。
 
9月  「しんめちゃんルーム」がにぎやかになっています
 今年度から、自分から進んで学習できる環境作りのため、プリントなどを常時完備する「しんめちゃんルーム」を開設し、帰りの会の後に「しんめちゃんタイム」を設けています。
 2学期になり、1年生も活用を始めました。自分でやったプリントをクラスごとのボックスに入れておくと、先生が○をつけて、カードにハンコを押してもらいます。
 高学年になると、休み時間や放課後に教室で担当の先生に質問する様子も見られます。
 いよいよ学習の秋です。「しんめちゃんルーム」を上手に活用してほしいと思います。
 
9月9日 科学クラブにて
       サイエンスドクターによる授業
 微生物を顕微鏡で見ることができました。
 水の汚れのもとになる細菌を食べてきれいにしてくれる微生物を見て感動しました。
 

 9月2日掲載分
8月24日 神明小学校2学期が始まりました!
 例年より短い夏休みが終わり、神明小の2学期がスタートしました。
 始業式は放送で行いました。5年生の代表の2人が、立派に2学期にがんばりたいことを発表してくれました。2人のがんばるぞ、という気持ちがとてもよく伝わり、みんなのがんばる気持ちもさらに高まったと思います。
 始業式の後は、新しい先生と用務員さんに自己紹介をしてもらいました。
 
 
 放送での始業式、自己紹介の間に、みんなの様子を教室に見に行きました。
 直接お話しする人の顔を見ず、放送でお話を聞く時間、それも長い時間です。みんな大変ではないかな、と思いましたが、2学期の始業式もみなさん立派な姿勢、態度でお話を聞いていました。
 1学期も同じく、放送でのお話でも,長い時間でも、立派な姿勢、態度で神明小のみなさんはお話を聞いてくれていました。とてもうれしく思うと同時に、さすが神明小のみんなだな、と思います。
 今年度、他の学校から異動して、神明小に来てくださった先生が、「神明小の子ども達はトイレの使い方がとてもきれいですね。トイレットペーパーの切れ端も落ちていませんよ。立派ですね。」とお話ししてくれました。毎日、先生方が分担してトイレ掃除をしているので、みんなの使い方のよさがとてもよくわかったそうです。
 とてもうれしいお話でした。
 2学期も、制限のある毎日ですが、みんなで「考えよう、やってみよう、分かち合おう・伝えよう〜みんなで進化しよう〜」の気持ちでがんばっていきたいです。
 
放送を聞くみなさんの様子です。 2学期も、一人一人が、そしてクラスみんなが、神明小で学ぶみんな、仕事をするみんなが力を出し合い、楽しい生活、力を伸ばす生活をつくっていきましょう!
9月1日 たてわり活動 〜神明小のみんなで楽しく遊びました!〜
 9月1日の朝活動は、たてわり活動を行いました。
 神明小の全員で、6年生を中心に各グループに分かれて楽しく遊びました。活動内容はそれぞれ異なりますが、全員が楽しく遊べる活動、ということをポイントに6年生がいつも考え、朝早くから準備してくれます。
 1日の朝も、6年生がコーンを出したりじょうろを使って校庭に線を引いたり、準備をしてから1年生を迎えに行きました。また、5年生は2年生のお迎えに行ってくれました。
 へびじゃんけんやドッジボール、みんなで遊ぶ姿はとてもうれしそうでした。「楽しかった〜!」とにこにこしながら帰ってくる1年生の笑顔もうれしかったです。
 1学期の最後の活動日には、雨が降ってできませんでした。暑すぎず、雨も降らず、ちょうどよいお天気の中、2学期最初のたてわり活動で、神明小の校庭にみんなの元気と笑顔があふれました。
 
最初と最後はあいさつです。今日の活動のお話を聞きます。みんなとても楽しみに校庭に集まりました。
へびじゃんけんで6年生のお姉さんにチャレンジです。
へびじゃんけん、ゴールできそうでなかなかできません。
こちらはみんなでドッジボール!ちょっとドキドキしながらみんなでボールに注目です!
日直さんがたのもしいです!
〜朝の会でがんばる姿、お話を聞く姿、応援する姿、立派です〜

 各クラスでは、毎朝、クラスそれぞれのやり方、内容で朝の会を行っています。
 3年生の教室をのぞいたら日直さんが、名簿を見ないでクラスのみんなの名前をあいうえお順にフルネームで呼んでいました!
 名前を呼ばれて返事をするクラスのみんなは、うまく全員の名前が言えるかな〜?と応援していました。
 進行する日直さんも、お話を聞くクラスのみんなもとても立派な態度でした。
 

 8月28日掲載分
夏休み中 校庭の遊具:雲梯がリニューアルしました
 人気のある遊具の一つである円形の雲梯が夏休み中に、業者の方が入り、さびを落とし新しくペンキを塗りきれいになりました。
 さびている部分が多く、さびが進んでとげとげしているところや穴があいているところもあったため、教育委員会にお願いしました。暑い日差しの中、丁寧に作業をしてくださいました。
 雲梯は、バランス感覚や握力、腕力を強化するためには最適なトレーニングと言われています。良い機会ですので、休み時間に活用してみてください。
 
夏休み中 先生方も研修・勉強をしています
 短い夏休みでしたが、先生方も校内研修で勉強をしていました。
 今年度の神明小で育てたい「めざす児童像」に向けて、1学期に取り組んだことで良かったことや反省点を班ごとに話し合い、2学期の実践につなげることを確認しました。食物アレルギーに対する知識を深め、「エピペン」の使用方法についても学びました。
 また、2学期の校外学習や宿泊学習に向けて、それぞれの学年の先生が現地に出向いて下見と打ち合わせを行いました。
 2学期も学校生活が楽しく充実したものになるように神明小で働くみんなで力を合わせてがんばっていきたいと思います。
 

 8月6日掲載分
7月下旬 学年懇談会では お世話になりました。
 7月20日から3日間に分けて、学年懇談会を実施しました。
 新型コロナ感染症対策のため、体育館と視聴覚室に会場を設置し、エアコンもない中での開催でしたが、暑い中ご協力いただきありがとうございました。
 各担任の自己紹介、指導方針の説明や今後の予定など、考えや想いを共有する時間をいただけて大変ありがたかったです。
 懇談会後は、各学級ごとにPTA役員の選出でもお世話になりました。
 
7月27日 第1回学校評議委員会を実施しました。
 例年6月下旬に行われていた学校評議員会を、区長さんを始め、地域の代表者の皆様ととPTA会長さんを交えて、1学期最終週に開催しました。
 会の前に、校舎内を巡り授業の様子を参観いただき、その後、会議を行いました。
 校長より今年度の学校経営の方針を説明し、各委員さんから質問や感想を受けました。感染症対策のことやあいさつ運動のことなど、学校生活全般について話し合いました。また、子ども達が授業に臨む姿についておほめの言葉をいただきました。
 ご意見を今後の学校経営に生かしていきたいと思います。関係者の皆様、ありがとうございました。
 
7月下旬 6年国語の授業で「ブックトーク」を行いました。
 6年生の国語の学習で、自分のお気に入りの本を紹介しあう、「ブックトーク」の活動が行われました。友達に本の特色や興味あるところを伝え合う学習です。
 伝えるためには、予め大切なことを読み取り、内容を短くまとめ、始め、中、終わりを意識して文章を考えておくことが大切です。これから社会に出て必要になる表現力の基礎になります。
 聞く側も、しっかり聞き、質問や発表の良いところを伝え合いました。見ていて、心が温まりました。一人一人の読書の傾向も違うことも分かりました。
 これからも読書を通じて視野をひろげて欲しいと思いました。また、「発表したり話し合ったりできてうれしい」という声が子ども達から聞かれたことも、とてもうれしかったです。
 6年生の皆さん、頑張っていましたね。
 
7月31日 1学期の終業式を放送で行いました。
 新型コロナウイルス感染症対策のため、終業式は放送を通じて実施しました。
 校長先生から「ありがとう」「コロナウイルス」「夏休みのこと」の3つの話がありました。短い1学期でしたが、みんながよく頑張って学校に来てくれたこと、そして、たくさんの人に支えられて過ごせたことのありがとう、これからも感染症対策で自分でも気を付けること、夏休みに何か一つでも挑戦してみることなどの内容でした。
 その後、3年生の代表2名が1学期頑張ったことの作文発表、生徒指導の先生から夏休みの生活についての話がありました。各教室では、しっかりした態度で聞くことができました。
 いよいよ夏休みです。全員が元気で2学期に登校できることを楽しみにしています。
 

 7月22日掲載分
7月7日 七夕集会 放送で行いました。
 今年度は、体育館に全校で集まることができないので七夕集会を放送で行いました。
 児童会本部の児童が企画し、休み時間に集まって準備を進めました。当日は、七夕の話や学級の代表からクラスの願い事の発表が放送を通じて行われました。クラスの願い事が発表されると教室では自然と拍手が起こり、心暖まる会となりました。
 一人一人の願い事は,児童玄関前にクラスごとに掲示されています。保護者の皆様も学校のお越しになる際、ぜひご覧ください。
 児童会本部の皆さん、準備ありがとうございました。
 
7月中旬 ブロック集会(低・中・高学年)が行われました。
 今年度は、新型コロナ感染症対策のため、全校での集会活動ができていません。そこで、2学年ごとのブロックで体育館に集まり、校長先生からのお話を聞く機会を3回に分けて実施しました。
 校長先生から今年度の学校目標の「進化しよう 〜考えよう、やってみよう、分かちあう、話してみよう〜」について、学年に応じて話をしました。
 上学年の児童が、下学年のお手本となるようにとしっかりした態度で取り組み、とても立派でした。
 
7月中旬 朝の運動(1&6年)で交流しました。
 全校での朝運動が実施できないので、異学年の交流と体育委員の活躍の機会をもつために、2学年ごとの朝運動(ラジオ体操を教え合う)を実施しました。
 事前に、体育委員会で20分休みにラジオ体操を練習し、本番に備えました。体育委員さんの体操はとてもきれいで立派でした。
 今回は、体育主任の1年の佐藤先生から、難しいところの動きの指導の後に、6年生が見本を見せて、1年生と一緒に体操を行いました。しっかり教える6年生、そして真剣にまねようとする1年生のまなざし、運動会が楽しみになりました。
 この後、2&5年、3&4年の交流も予定しています。
 
7月中旬  環境整備が進んでいます。
 新型コロナウイルス感染症対策のため、給食の配膳や清掃も今までどおりでは対応できません。それに伴い、ごみが今まで以上に増えたり、処分の仕方も変更になりました。
 そこで、用務員さんがゴミ置き場を分かりやすく整備してくれました。また、用務員さんには、構造上危険であったトイレの窓に、手製でかわいい手すりを設置していただきました。
 校庭や中庭の除草作業を始め、修繕など、学校が安全で過ごしやすくなるように縁の下で生活を支えていただいています。
 
7月20日 「にこにこタイム」で、心も「にこにこ」
 昨年度から、月に1回程度、「しんめちゃんタイム」として朝行事で行っていたと友達や先生と楽しく交流する活動が、「にこにこタイム」に名称を変えて、先日行われました。
 「にこにこタイム」の名称は、6年生から応募して、その中から決定しました。
 第1回目は「あいこじゃんけん」を行いました。
 相手に対して、身体を向けて真剣に話を聞いたり反応したり気持ちを表現したりすることはとても大切なことで、お互いに相手に見てもらっていることで温かい気持ちになります。
 先生や児童が代表になって楽しそうに取り組んでいました。
 
7月22日 理科の実験
 4年生理科「空気と水」で水でっぽうをして遊びました。
 水は押し縮められないことを楽しく体験しました。
 

 7月3日掲載分
6月下旬 学校南側の道路を補修しました。
 梅雨の季節、登下校時に雨が降ることが多くなりました。以前より、学校の南側道路を歩行する児童に車がはねた水があたり、服が濡れてしまうことがありましたので、市の土木課に相談しました。
 担当の方が、すぐに現場確認に来てくださり、翌週には舗装班の方が道路にアスファルトを敷き、水がたまりにくくなるように補修してくれました。
 神明小の通学路にはたくさん車が通る道や狭い道もあります。保護者の方には旗振り当番でお世話になっていますが、道路を管理する方々にもお世話になっていることを改めて感じることができました。
 ありがとうございました。
 
6月下旬 休校中の作品展開催中
 新型コロナウイルス感染症対策のため、3月より3ヶ月間の長い休校となり、子ども達は頑張って学習に取り組んできました。保護者の皆様にもご支援いただき、ありがとうございました。
 時間を有効に使い、自由研究や普段取り組めないことに挑戦した子ども達、自主学習をした子ども達がたくさんいましたので、子ども達に呼びかけて会議室で作品展を開催しました。作品は出品したい人はだれでも何でもO,K,と呼びかけました。
 図工の予習としてコリントゲームを家庭で作った子や理科の自由研究でタケノコの観察をした子やいろいろな折り紙に挑戦した子もいました。また、たくさん漢字練習や自主勉強を毎日やってノートを出してくれた人もいました。
 休み時間に見学した子ども達が「すごい」「さすが」と感心する作品が多くありました。
 もうすぐ夏休みです。短くはなりますが、新たな作品、頑張ってやりたいことに取り組む参考にもなりますね。
 
7月1日 光合成の実験のあと...
 光合成の実験の後、じゃがいもほりをしました。
 
7月1日 科学クラブ
 炭酸の入浴剤でフィルムキャップロケットを飛ばしました。
 

 6月18日掲載分
6月初旬 立体「しんめちゃん」登場!!
 休校中の期間に、6年生の男子が折り紙で、「しんめちゃん」を製作してくれました。
 設計図もない中で、作り方を調べ、考えて5時間ぐらいかけて仕上げたそうです。休校中に、一枚の紙を折っていろいろなものを作っていたので、「しんめちゃん」に挑戦したとのことです。手先が器用で、想像力、設計力が素晴らしいですね。
 これからも、どんな作品が生まれるか楽しみです。
 
6月初旬 地域の方から「アマビエ(切り絵)」をいただきました。
 地域に住んでいる丹羽幸司さんより、新型コロナウイルス感染症予防に役立ててほしいと、アマビエを切り絵にして色紙に貼った作品をいただきました。
 アマビエは、疫病退散の願いが込められたもので、最近のニュースで話題となっています。
 神明小の保健室前に飾りました。コロナウイルス感染症が早く収束を迎えられるように、みんなで力を合わせて新しい生活様式に慣れていきましょう。
 

 6月5日掲載分
5月下旬  神明小 学校再開プロジェクト
        「読書で心をリフレッシュしよう」
 学校再開後、子ども達に読書をして生活に潤いと安心をもってもらおうと考え、県立図書館や市立図書館に依頼してたくさんの本をお借りすることができました。
 県立図書館からは、「わくわく図書」として、低・中・高学年用として各30冊の計90冊、市立図書館からは、「希望リクエスト」として1年生が200冊、2〜6年用として200冊の計400冊が届きました。どの本もそれぞれの図書館の担当者の方に「長い休校明けの子ども達の心が明るく元気になるような本を選んでください。」とお願いして、選んでもらった本です。
 各学年で学級文庫として活用できるようにしました。これから梅雨の時期を迎えます。室内で過ごすことも多くなります。ぜひ、本に親しんでほしいと思います。
 
6月初旬 学校が再開しました。おかえりなさい。
 6月1日より、4・5・6年生が分散登校し、2日は、1・2・3年生が分散登校する形で学校が再開しました。その他の学年も登校を希望する児童は学級で自習しています。
 しんめちゃんルーム(学習コーナー)で、自分で選んだ学習プリントに取り組む学級もあります。新型コロナウイルス感染症対策のため、教室では机の距離を離したり、5・6年生は中庭を通り、西側の玄関を使用するようにしました。
 早く学校での新しい生活様式に慣れていってほしいです。
 
6月4日 メダカの卵を観察しました
 6月4日、5年生は解剖顕微鏡でメダカの卵を観察しました。
 大きな目と心臓の動きにびっくりしていました。
 ソーシャルディスタンスに配慮して、向き合わないように観察しました。
 
6月5日 神明小に今年初めての楽しいお客様がやってきました
 6月5日(金曜日)、学校が再開された週の最終日、神明小にうれしいお客様がやってきました。朝、登校したみなさんが教室に入った後、校長室に戻ると、クワガタがやってきていました。
 茶臼山から来てくれたのでしょうか?昨年もクワガタの姿を学校で一度、見ることがありましたが、今年は、今日が初めての姿でした。早速、自主学習をしていた5,6年生に報告、紹介しました。6年の板垣先生に、ヒラタクワガタという種類だと教えてもらい、「大きいね!」、「自分のクワガタはまだサナギだよ。」など、和やかにみんなで観察しました。
 思いがけず、とてもうれしいお客様の訪問でした。ヒラタクワガタは、虫好きの児童に、クヌギの木に放してもらいました。
 
 

 5月28日掲載分
4月7日 令和2年度 入学式
 4月7日(火)体育館において令和2年度入学式が行われました。
 新型コロナウイルス感染症対策のため、6年生の参列を見合わせ、1年生と保護者の皆様、そして、教育委員会の方、区長様、PTA会長様の来賓3名と教職員のみで、規模を縮小して実施しました。
 子ども達の意欲と元気いっぱいの笑顔がとてもうれしかったです。これからの6年間さまざまな経験を積み、大きく羽ばたいてほしいと思います。
 式の後は、PTA本部の方からPTA活動の説明や役員決めを行いました。
 これから37名の仲間と元気に神明小生活を送ってほしいと思います。これからよろしくお願いします。
 
4月7日 令和2年度新学期スタート
 
 4月7日(火)それぞれ新学年での生活がスタートしました。中央の児童玄関に新しいクラス名簿が張り出され、自分のクラスを確認して教室に向かいました。新しい教室では、コロナウイルス感染防止のため、机が離されていました。体育館での新任式・始業式は行わず、教室で放送を通じての式となりました。
 新たな友達と1年間一生懸命、学習に運動に取り組み、一人一人が力を伸ばし、この神明小の先生、仲間とともにいろいろなことにチャレンジしてほしいと思います。また、お別れをした先生方のビデオメッセージを各クラスで見て先生方へお手紙を書きました。その後、コロナ感染症対策のため、臨時休校が続くことになりました。再開したら、仲間と楽しいクラスをつくってほしいと思います。
 
4月17日 休校中に先生方も研修しています
 
 4月17日(金)に臨時休校中ですが、先生方も勉強をしていました。
 3月にも研修を積みましたが、新しい職員を迎え、改めて今年度の教育活動について、「神明小の子ども達が将来、社会の中で幸せに暮らすためには人としてどんな力が必要か」「6年間でどのような児童を育てるか」「どんな授業作りをしたらよいか」など、グループになり話し合い、まとめました。早く学校が再開して子ども達といっしょに学習したいと先生達も願っています。
 
5月中旬  神明小 学校再開プロジェクト
        休校中に学校がリニューアルしました
 
 休校中のため、子ども達の元気な声が聞こえないのは寂しいですが、神明小では「学校再開プロジェクト」をつくり、様々なことに取り組みました。
 その一つとして環境整備を行いました。用務員さんは、校庭のサッカーゴールや2年生の玄関の壁のペンキ塗りをしました。また、介助員さんは、手洗いやトイレの流しの掃除や教室の戸棚の角に子ども達がぶつかって痛い思いをしないようにゴムを付けました。子ども達が気持ちよく安全に生活できるように心をこめて作業しました。
 この他にも、「学習用しんめちゃんルーム」や「ホットルーム」、「図書館」の整備も進めています。早く子ども達の笑顔が戻ってきてほしいです。
 
5月下旬
 先生方でコロナウイルス感染症の対応について研修しました
 
 学校再開に備えて、先生方で新型コロナウイルス感染症について、国から出された指導資料をもとに、養護教諭より現状や今後の対策、児童への指導の仕方について講義をしてもらいました。視聴覚教材を活用し、先生方で大事な点の理解・確認をしました。
 また、環境整備として、教室や廊下に距離を測る目安となるマークなどをつけたり、水道の掲示などの作業を行いました。
 休校中の登校日には各学年で、この教材を活用して子ども達もコロナウイルスに関して学習を行いました。ご家庭でも話題にしてみてください。
 
5月下旬 「おはようございます!おかえりなさい!」
     学年登校日 久しぶりに子ども達が帰ってきました
 
 学校再開に向けて、5月最終週に登校日を設けました。
 26日には、2,5,6年生、27日には1,3,4年生が登校しました。学年で校庭で身体を動かしたり、図書室で本を借りたり、教室で新型コロナウイルス感染症の学習をしたりしました。ご家庭ではどんな会話がなされたでしょうか。
 いよいよ6月から学校再開です。元気なスタートが切れるようにご家庭でもご協力をお願いします。
 
5月下旬  学校リニューアル第2弾
       イングリッシュロード 階段に出現
 
 休校中に英語主任やALTの先生が、協力して英語のカードを作成し、ラミネートをして階段に貼りました。「数」「形容詞」「月」「天気」「曜日」などが掲示されています。楽しく、学ぶ機会になるように考えました。
 足下に気をつけながらも着実にステップアップしていってほしいです。
 
5月下旬  休校中に先生方も研修・勉強しています
 
 長い休校期間中、先生達はいろいろなことに取り組んでいました。
 課題づくり、お家への連絡はもちろんですが、今年度みんなでどんな力を子ども達につけたいか、国の資料(学習指導要領)をまずは各自で学び、学校では3密に気をつけて意見交換したりと取り組みました。
 5月27日(水)は、学年登校日の午後に、今年度の「めざす児童像」に近づけるための具体的な手立てについて、学年ブロックに分かれて研修を行いました。臨時休業を受け指導する時間が少なくなりますが、教育の基本や「そもそも育てたい力は何か」を大切にして、取り組んでいくことを学年ごとに確認しました。
 早く子ども達と学習したい気持ちが高まってきました。
 

 4月22日掲載分
4月8日(水) しんめちゃんルームができました! 
 
 しんめちゃんルームは、わからない問題を先生が個別に説明したり、自主学習のアドバイスをしたりする教室です。